【ベトナム採用チーム育成サポート事例】AMITIE SPORTS CLUB VIETNAM様


top

今回はベトナムにて子ども向けのサッカースクールを運営する
AMITIE SPORTS CLUB VIETNAM様の事例をご紹介いたします。

会社名:AMITIE SPORTS CLUB VIETNAM
事業内容:子ども向けのサッカースクールを運営
代表:北口 遥基様
導入サービス:自社採用チーム育成サポート

ベトナム採用チーム育成サポートとは?
「採用を経営のセンターピンに」をコンセプトに、
ベトナム人人事スタッフを中心とした強い採用チームを作ることを目的とした研修パッケージ。
採用要件定義の言語化から面接での見極めまでを組織全体で考え落とし込んでいく4日間のトレーニング。

期待効果
・ベトナム人メンバーを中心とした強い採用チームの構築
・離職率の低下による無駄な採用コストの削減
・採用人数におけるハイパフォーマー比率の向上
・現メンバーの帰属意識の向上

トレーニング内容
Day1:インプット型研修
Day2:採用要件定義の言語化
Day3:フレームワークに基づいた面接評価手法
Day4:採用要件と人物評価手法の確立

top2

なぜ強い自社採用チームを作ろうと考えたのでしょうか

弊社はホーチミン、ハノイにて子ども向けのサッカースクールを運営している会社になります。
ありがたいことにたくさんの子どもたちにお通いをいただけるようになりまして、
組織の拡大、人材の獲得が急務となっておりました。
そのため、人事部門を設立し動き出していたのですがなかなか採用がうまくいっていないというところ、
Facebookの広告でViecoiさんの採用チーム構築サポートをのレポートを拝見しました。
その中で、これからのビジネスは『人』こそが唯一の差別化要素であるという内容や良い組織の風土を築くために
どういった方を採用するべきなのかなど非常に共感できる内容だったので、ぜひお願いをしたいということで導入しました。

導入してみての感想

ベトナムで4年の事業経験があり、面接はかなり多くの量をこなしているので、
採用で大切なことはある程度理解をできているつもりでいました。
しかし、Viecoiの安済さんにいろいろな問いを投げかけられる中ですぐに回答できないこともあり、
なんとなくイメージだけを掴んでいただけで言語化できるレベルで真の理解はできていなかったということを痛感いたしました。

かなり丁寧に採用の要件定義(誰を採用すればよいのか?組織に合わないのはどういう人なのか?)
を細かくしていくので、私自身が何となく「うちにはこういう人があう、あわない」と思っていたことが
しっかりと言語化され、他のスタッフと共有できるようになったのは非常に大きいと感じています。

どのような会社におすすめか

ベトナムで事業を展開していて、離職率の多さであったり、組織文化の構築に
苦労されているというところは非常に多いと思います。
ですので、そういったところでお悩みの企業様はぜひ一度、お話を聞いてみることをお勧めします。

研修に使用する資料は一般公開しております。
ご興味頂ける企業様はぜひお問い合わせください。

担当:安済
Mail:anzai@viecoi.tokyo